まずは複数の不動産会社に査定を依頼

土地や家を売る流れ」のページで「家を売る際の査定」について簡単に説明しましたが、不動産を売る際に、まず一番はじめに必要なのが、この査定依頼です。大手に依頼しておけば大丈夫、近所の知り合いにお願いすれば大丈夫など考えてしまいますが、まずは、信用している不動産会社も含め、複数の不動産会社に査定見積もりの依頼をしてください。

この手順を怠るせいで、300万円以上損している方もいるのですから、最終的に知り合いや大手にお願いすることになったとしても、必ずしておくべきです。

複数の不動産会社に査定依頼しなければならない理由

  • ①その業者が信用できるかどうか判断できない
  • ②査定額が妥当かどうかの判断ができない
  • ③相場を把握するため

①その業者が信用できるかどうか判断できない

まず一つ目、大手や知り合いの不動産屋などの場合、信用できると思い、依頼するとは思います。しかし、自分の家を高く売ってくれるかどうかは判断できません。売れれば良いという考えであれば良いのですが、自分の思い出の詰まった家を売る決断をするのに、安くてもいいから売りたい場合もありますが、高く売れるなら、なるべく高く売りたいと思うはずです。

その為、本当に業者が高く売ってくれるかどうか、信用できるかどうかは、不動産会社を比較してみないとわからないはずです。何を基準にして大手が良い、知り合いが良いのかを判断する必要があります。もちろん大手だから安心できるなどありますし、知り合いだからきちんと売却活動してくれるなど、ありますが、その判断は、複数の会社に相談し査定してもらった後でも良いですよね?

信用できるかどうかは、複数の会社の話を聞いて判断すべきです。

②査定額が妥当かどうかの判断ができない

不動産を売る場合、必ず、不動産会社に査定をしてもらい、この金額だったら売れるという査定額を提示してもらうことになります。その金額を元に、自分でもう少し高く売りたいなど、売り出し価格を少し高めに設定して売却開始するなどしていきます。

そのため、この査定額が売却活動の基準となっていくわけです。

しかし、大手でも知り合いの不動産会社でも良いですが、1社に査定依頼して見積もってもらった査定額を基準にして良いのでしょうか?的確な査定額を出してくれる事もありますが、もしも市場とずれた、不動産の価値の評価が低かった場合、あたなの不動産は安く売ることになってしまう可能性があります。

複数の会社に査定依頼してみると、まったく同じ査定額を提示してくるということはまずありえません。過去の取引事例などを元に算出しますが、その際に、不動産会社それぞれの経験などを加味して査定額をだします。

その為、同じ査定額にならならい訳です。また、不動産会社によっては、一戸建てを主に扱う業者、マンションを主に扱う業者など、得意とする分野が異なる事があり、自分の不動産によっては、価格に差がでてしまいます。

A社は2200万円、B社は2300万円、C社は2500万円など査定額が違う事があります。もしこんな場合どこに依頼したいですか?話を聞いてみないとわかりませんが、出来ればC社に不動産を依頼したいと思うはずです。

どこの査定額が妥当なのか?を判断するためには、他の会社の査定額とを比較しないと基準がないので判断ができません。そのため、複数の会社に査定依頼する事が大切なんです。

③相場を把握するため

①と②に重なる部分がありますが、複数業者に査定依頼するのは、物件の相場を把握する意味もあります。不動産会社に査定依頼することで、現状で「いくらで売れる」のかを把握する事ができます。それぞれ不動産会社のプロが算出した査定額ですので、査定額に違いはあれど、参考になる部分が多いです。

例えば大きく査定額が違う会社を抜きにして考えたり、平均をとったり、それぞれの会社の査定根拠などを加味した上で考える事で、大体の相場を把握することができます。

この相場を把握する事は本当に大事で、これから、売却をする際にいくらで売り出すのか?そもそもローンの関係など、売却できるのか?など、大体どれくらいで売れるかを把握しないと売るのか、売れないのかの選択もできません。

まずは査定して相場を把握する事が大切です。

まとめ

複数会社に査定依頼する事の大切さを言ってきました。大手が悪い訳でも、知り合いの不動産屋が悪いわけでもありませんが、土地や家を売るのに、せっかくなら高く売りたいですし、後悔はしたくないはずです。

その為には、複数の不動産会社に査定してもらい、きちんと基準を作って欲しいんです。その中で査定額や売却戦略など、総合的に考えて、売却をお願いする不動産会社を決めた方が成功する確率はUPします。最終的に大手を選んでも良いですし!比較して判断基準を持った上で売却していく事をオススメします。